将国のアルタイル

Share
Twitter
Facebook
LINE

STORYストーリー

用語集

  1. 01
  2. 02
  3. 03
  4. 04
  5. 05
  6. 06
  7. 07
  8. 08
  9. 09
  10. 10
  11. 11
第1話:
将軍
(パシャ)
トルキエ将国を治める為政者。
将軍会議
(ディワーン)
トルキエ将国の最高決定機関。将軍(パシャ)以上が参加を許され、商業から軍事のことまで様々なことを決める。
大円蓋の会議場
(クッベ・アルトゥ)
将軍会議(ディワーン)が行われる会議場。
ミヒャエル城
バルトライン帝国の帝都ミヒャエルにある城。
第2話:
アラバ族
ルメリアナ大陸に散在する民族。国家の樹立と民族独立を悲願としている。
エルル山岳兵
レレデリクを領主とするエルルバルデスの精鋭部隊。
第3話:
ロットウルム
ルイ大臣に雇われている私兵。独自の製鉄技術を持ち、ルイ大臣の命令により暗躍し、幾度となくマフムート達の前に立ちはだかる。
十三人の将軍
将軍の中から選出された13人。選ばれた13人が国内にある13州のうち1つの州をそれぞれ統治している。
第4話:
トゥグリル村
マフムート、スレイマンが生まれ育った村。12年前の戦争で焼失した。
イェニ・トゥグリル村
戦争で全焼したトゥグリル村の近くに新設された村。
水塔石
(ピラミス)
水の社で精霊に祈りをささげるために使われる水晶。「目と耳(ギョズ・クラック)」用のピラミスには特別な加工が施されており、「目と耳」同士が各地で接触する際に使用される。
目と耳
(ギョズ・クラック)
ザガノスの命令でスレイマンが各地でスカウトした密偵。それぞれの国や都市で帝国の動向を探っている。
水の精霊
(ナバラト)
水の精霊。トルキエ将国、サロス、リゾラーニで多く信仰されている。
水の社殿
(みずのやしろ)
水の精霊(ナバラト)に祈りをささげる場所。
第5話:
元首
(ドージェ)
海の都(ヴェネディック)共和国の元首。共和国会議員による選挙で決まる。
ポイニキア帝国
太古の昔に、1800年にわたって央海(セントロ)全域を支配した帝国。現在のポイニキアはポイニキア帝国の首都であった。
第7話:
上弦三角旗
国家間及び都市間での戦争において降伏を示す旗。
船団長
(カピタン)
海の都(ヴェネディック)共和国にある商会の船団を取りしきる長。戦闘時には艦隊の指揮官となる。
第9話:
ご主人様
(パドローネ)
ご主人様の意。
四将国
トルキエ将国の北東に位置するムズラク将国、バルタ将国、クルチュ将国、ブチャク将国の4つの国の総称。
大トルキエ体制
戦時において、トルキエ将国と四将国によって形成される挙国一致体制。この体制では、四将国の各軍は将軍会議(ディワーン)の指揮に従う。
将王
(スルタン)
四将国の各国を治めている4人の王。大トルキエ体制においてはトルキエ将国の「十三人の将軍(パシャ)」と同程度の発言力しか持っていない。
将弟・将子
(ベイオウル)
将王(スルタン)の弟もしくは嫡男以外の男子。
将姫
(ハヌム)
将王(スルタン)の娘。
親兵
(イェニチェリ)
ムズラク将国の将王(スルタン)バラバンの親衛隊。顔の美しさによって選抜されている。
第10話:
トルキエリ
トルキエの首都金色の町(アルトゥン)で加工された宝飾品。ルメリアナ大陸でも名高いトルキエの名産品となっている。
オルケスタ
南ルメリアナの傭兵集団。非常に高い戦闘力を持つが、雇うためには莫大な報酬を必要とする。
東弓
(シャルクヤイ)
製造方法が門外不出とされていた極東の小国の秘密兵器。
第11話:
将太子
(プレンス)
将王(スルタン)の嫡男。